【レビュー】JPRiDE TWS-520完全ワイヤレスイヤホン買ってみた!

ガジェット
この記事は約6分で読めます。
キリト
キリト

完全独立型のワイヤレスイヤホンに興味はあるけど・・・

あざらしさん
あざらしさん

何がいいのかわからんねぇ・・・

時はワイヤレスイヤホン戦国時代・・・

格安品から超高級品まで、世の中には様々なワイヤレスイヤホンがしのぎを削って販売中。

私はね、とにかく快適に使えりゃいいんだ。

音質なんてよくわからんもん。

イコライザーはとりあえず低音上げがち。

そんなこんなで手頃なイヤホンを探していたら、お手頃価格なコイツを発見。

安すぎてもなんか怖いし、これくらいの値段がよさげかなぁ。


とりあえずポチっとしたので、レビューしまーす!

あ、これ買ったら、人に紹介していいよっていうクーポンが付いてきたんで、先に紹介しときますね!

割引クーポンコード:JPR12262

JPRiDE TWS-520

TWS-520

いざ開封。箱の作りはかなりしっかりしてる。

基本性能

連続再生時間約6.5時間ケース使用で約20時間
フル充電時間約2時間約3回フル充電可能
充電用ポートMicro USBType-B
Bluetoothバージョン5.0
対応コーデックAAC/SBC
保証期間購入後1年間購入後30日返品可能

 

重要な連続再生時間は約6.5時間でまずまずといったところ。

通勤通学で使うなら申し分ないですかね。

15分充電すれば約60分再生可能なので、充電が切れてもそこまでストレスにはならないかな。

そもそも6.5時間もぶっ続けで音楽聞いたり電話したりすることもないけども・・・

JPRiDE(ジェーピーライド)はどんな会社?

JPRiDE引用:JPRiDE

ジェープライド?

ジェーピーライド!

あえて「i」が小文字なところにこだわりを感じますね。

キリト
キリト

BoAみたい!

あざらしさん
あざらしさん

なんか言ったか?

どうやら「JPRiDE」はブランド名のようで、会社は「株式会社エムピートレーディング」という日本企業が販売元です。

帝国データバンクにも登録されているので、しっかりとした会社ですね。

TWS-520のレビュー

JPRiDE TWS-520
充電用のMicroUSBケーブルと充電ケース、イヤーピースが本体に付いている分を合わせて5種類。

イヤーピースの種類が多いのは嬉しい!

5種類あればどれかフィットするでしょ?

本体、ケースともに光沢は抑えられたマットブラックって感じ。

さらっとした触り心地でサイズもH40mm×W25mm×D25mmと大きすぎず、小さすぎず。

操作ボタンはタッチ式マルチファンクションボタン(MFB)

ボタン式だと、押すときに耳の中を圧迫する感じがイヤなので、タッチ式は耳に優しくていい。

操作に慣れるまではちょっと使いにくいけどね。

あと取扱説明書とカタログ、冒頭に載せたクーポンが入ってました。

ちなみに取扱説明書はネットでも見られるので、これがなかなか便利。

キリト
キリト

ケースが気に入らなきゃ、カバー付ければいいし!

音質は低音強め

まず、この価格でこの音質なら全然いい。

初めて使った時「お、音いいじゃん!」って感じたくらい。もう全然オッケー。

高いイヤホン買って

「壊さないようにしなきゃ・・・」

「無くさないように気をつけなきゃ・・・」

なんてビクビク使う必要もない。

This is 普段使いにちょうどいいイヤホン。

しかもIPX5の防水だから、スポーツにもガシガシ使えるし、たとえ無くしてもAirPodsほどダメージはない(と思う)

あざらしさん
あざらしさん

せやかて、大切に使わなあかんで

マイク性能はまぁまぁ

マイクに関しては、販売元が「AirPodsにゃ及ばない」って公表してるので、まぁそれくらいなのかな。

でも、音声通話ZOOMも使ってみたけど、そこまで気になる感じでもなかったですね。

相手に「声こもって聞こえたりする?」って聞いたけど、そんなこともないみたい。

ちなみに右側だったら片耳でも使えるから、車を運転してる時にハンズフリーとして使うことができるのは高ポイント。

電池の持ちは十分

TWS-520

3つのインジケーターでケースのバッテリー残量表示

通勤で使ったり、スマホの動画見る時やZOOMで使っても、ケースの電池は余裕で1週間持ちました。

本体は使い終わったらケースに入れるので、勝手に充電開始。

「充電忘れてた!」なんてことがないのも便利。

ケースのフル充電はそれなりに時間がかかるけど、寝る時にでも充電しとけば問題なし!

片耳4gで軽い装着感

TWS-520本体重量
イヤホンを付けてて、気になってくるのが本体の重さ。

外れやすさにも関係してくる本体重量は片耳で45g

4gって10円玉と大体同じ重さですからね。

片耳10円、両耳でも20円。

キリト
キリト

ごめん言いたかっただけ

あざらしさん
あざらしさん

おまえ・・・そう言うとこやぞ!

ケースは本体入れて46g

TWS-520全体重量
全体の重さも持ち運びに大切なポイント。

46gとたまご1個分くらいの軽さで、ポケットに入れて歩いても全然気にならない。

キリト
キリト

大さじ3杯くらいの重さだね!

あざらしさん
あざらしさん

例えなおす必要あった?

マルチペアリングは7台まで接続OK

7台まで接続可能なので、よっぽどのことがない限り接続が足りなくなることはないでしょう。

ただし、マルチポイントではないので注意が必要。

同時接続はできないので、違うデバイスを使いたい時は接続を切り替えないといけない。

これでマルチポイントだったら最高なのにな~

TWS-520のまとめと評価

オスメメポイント

・価格の割にいい音質

・ケースを使えば20時間使用できるタフバッテリー

・IPX5防水でスポーツにもOK

・イヤーピースが5種類ついて最適なサイズが選べる

・片耳4gで装着感も◎

イマイチポイント

・ちょっと取り出しにくい時がある
(イヤーピースつまむように取ればOK)

・タッチ式のボタン操作は慣れが必要
(「ピッ」とか、反応音が鳴らない)

・頻繁に繋ぐ機器が変わる人は面倒かも
(マルチポイントではない)

・音ゲーとか遅延が命取りのヤツは向かない
(どうしても0.5秒とか微妙な遅延はある)

総合的に評価すると、TWS-520は完全ワイヤレスイヤホンの入門機、普段使いで使うには買いの商品だと感じましたね。

音質もこの値段にしたら、全然いいと思うし(こだわる人は数万とか数十万のやつ買うでしょ)通勤・通学用とかにもオススメですよ。

壊したり、なくしたりしてもダメージそこまでないと思うし・・・(笑)

割引クーポンもあるし、とりあえず買ってみたいなんて人はぜひ!

コメントを残す