スマートキーの電波を遮断!100均で買えるリレーアタック対策!

リレーアタッククルマ
この記事は約3分で読めます。

最近の車は「スマートキー」と呼ばれる、鍵穴にキーを挿すことなく鍵の開け閉めが出来たり、ボタンを押すだけでエンジンが掛けられたりするタイプの鍵が主流になってきました。

私の車も「スマートキー」で、普段は何気なく使っていますが、考えてみるとこれが本当に便利だなと!

雨の日に傘をさしている時や、買い物で両手がふさがっている時に重宝しますよね~。

しかし。

その便利さを逆手に取った車の窃盗事件が発生しているとのこと・・・

 

私は物凄い映像を見てしまい、驚きました・・・

 

まずは下の映像をご覧下さい。

微弱な電波を悪用する「リレーアタック」

 

 

こんなことってあります?

 

あの高級車で有名なレクサスが・・・

いとも簡単に盗まれるなんて・・・

 

映像では2人組で行っておりますが、ふと思いました。

 

これ、家に停めてある車だったらもっと簡単にやられるんじゃ・・・?

 

これはマズい・・・

 

私は毎日車で通勤するので、いつも玄関にスマートキーをそのまま置いています。

もし、夜中など人通りが少ない時間に、玄関の扉の前でやられたら・・・

駐車場にあるはずの車が突然消えるなんて、考えただけで恐ろしい・・・

これじゃ安心して夜も眠れない!

「リレーアタック」の対策方法

車を守る
微弱な電波を増幅させる訳ですから、そもそも電波を遮断するしか方法は無いですね・・・。

ここからは対策方法を考えて行きます!

電波遮断ポーチ


駐車して車から離れる際に、この様なポーチにスマートキー入れておけば、リレーアタックを防ぐ事ができますね!

スマホの電波も遮断できるので、TPOに応じてマナーモードにしたり、電源を切ったりする手間が省ける所もいいですね!

ポーチもいいですが、私は玄関にスマートキーを置く為の箱が欲しい。

そこで!今回はこんなものを用意しました!

100均のブリキ缶

blikbox

今回はセリアで売っていたブリキ缶を用意しました。

買う時は、必ず「ヒンジが付いていない蓋付き」の物を選んでくださいね!
※ヒンジなどが付いていると、わずかな穴から電波が漏れる可能性があります

色々種類があったのですが、普段キーケースも一緒なので、蓋付きの一番大きな物を買ってきました!

100均のブリキ缶は電波遮断できるのか?

 

 

実際に私の車で試してみました。

動画の様に、しっかりとスマートキーの電波が遮断できました!

100均のブリキ缶、いい仕事してますねぇ~!

また、スマートキーに電波遮断モードがあるとの情報を得たので、実際に設定できるかも試してみました。

詳しくは【リレーアタック対策】トヨタのスマートキーで電波を遮断する方法を見てみて下さい!

まとめ

今回はブリキ缶を使いましたが、アルミホイルでも同様の効果が得られるとの事です。

ただ、アルミホイルだと使っていくうちに破れたりしそうなので、玄関に置くならブリキ缶のほうがオススメですね。

そして、必ず隙間などが出来ないように注意して下さい!

電波は僅かな隙間からでも漏れますので、少しでも不安な場合は、先ほど紹介したような電波遮断専用の商品を購入しましょう!

これで安心して眠れますわー!

コメントを残す