【リレーアタック対策】トヨタのスマートキーで電波を遮断する方法

トヨタリレーアック対策アイキャッチクルマ
この記事は約2分で読めます。

持っているだけで簡単に車の鍵を開閉できるスマートキー。とても便利ですよね!

しかし、そんな便利な機能を逆手にとった犯罪「リレーアタック」が、国内でも確認されているとの事。

「リレーアタックってそもそも何?」と言う方は、まずはこちらの記事にまとめてありますので、見てみてくださいね。

記事には、家でもできる対策もご紹介しています!

さて、今回はトヨタの公式サイトから面白い情報を入手致しまして、「節電モード」があるとの事。

これは試してみるしか無いでしょう!と言う事で、今回は私の車を使って、本当に電波を遮断できる機能なのか、実際に検証してみます!

試した車両

試した車輌は以下の通りです。

車種:トヨタ VOXYハイブリッド
型式:ZRW80W
年式:2017年12月

節電モードって?

スマートキーは、常に微弱な電波を出しています。

そして車からも常に微弱な電波が出ていて、双方向で送受信ができた時のみ、キー操作ができます。

もちろん通信は暗号化されていて、双方の暗号電波が合致した時のみしか、操作はできません。

と、いうことは「節電モード」は、スマートキーの電波を遮断する事により、鍵の操作をできなくするモードってことですね!

「節電モード」の設定方法

電波遮断モード設定方法

さて、肝心の「節電モード」の設定方法はロックボタンを押しながら、アンロックボタンを2回押して、ランプが4回点滅したら完了との事。

あら、意外とカンタン。

私のスマートキーでは、確かに赤いランプが4回点滅しました!

これは期待ができそうです。

実際に試してみた

では、本当に節電モードでスマートキーの電波は遮断されているのか、実際に試してみましょう!

実際に検証した模様を動画にしましたので、チェックしてみてください!

トヨタのスマートキーを「電波遮断モード」にしてみた

ご覧頂けましたでしょうか?

まさかこんな機能があったなんて、自分でも驚きました。

ちなみに通常の状態に戻すには、スマートキーのボタンをどれでも良いので押す事で復帰します。

スマートキーにはリレーアタック対策があった

以上、今回は無事に節電モードが搭載されている事がわかりました!

しかし、車種や年式などによっては搭載されていない事もあるので、ぜひお持ちのスマートキーで試してみて下さい。

ちなみに、車から降りるたび、毎回設定するのも面倒だなぁと言う方には電波遮断ポーチが手軽でおすすめですよ!

コメントを残す