【Anker PowerCore 10000】アマゾン1位!ベストセラー!コスパ抜群のモバイルバッテリー

Anker PowerCore 10000ガジェット
この記事は約5分で読めます。

スマホのバッテリーが半日持たない。
どうも、キリト(@kirito_y1)です。

すぐに充電できる状況であればまだしも、電車での外出などすぐに充電できない時は、バッテリー残量が気になりますよね。

キリト
キリト

この前はスマホの電池残量気にしてたら、ワイヤレスイヤホンが充電切れになった・・・

そんな不安を解消してくれるのが「モバイルバッテリー」。

1台持っていれば何かと便利なモバイルバッテリーですが、最近は種類もたくさん出ていて、どれを選べば良いのか迷ったりしますよね。

そこで今回、2018年アマゾン売れ筋ランキング1位(バッテリー・充電器部門)、アマゾンベストセラーを誇る
Anker PowerCore 10000』を買って、商品の特徴と、実際にスマホをフル充電してみました!

Anker PowerCore 10000

内容品

powercore内容

内容品は、左上から時計回りで、

・トラベルポーチ(メッシュタイプで、本体、ケーブルを入れても多少余裕有り)

・micro-USBケーブル(Type-B)※モバイルバッテリー本体の充電併用

・取扱説明書

・本体(右上4つのインジケーターで電池残量を表示)

以上の4点が入っていました。
正規取扱店(AnkerDirect)での購入であれば、18ヶ月製品長期保証が受けることもできます。
ちなみにAnkerは「Amazon」「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」それぞれに正規販売店を出しています。

製品仕様

寸法:約92 × 60 × 22mm

大きさは免許証などのカードと同じ位の大きさ、
厚さは親指1本分と言ったところでしょうか。

重さ:約180g

重さは缶コーヒー1本分位。

なんと10,000mAh以上のモバイルバッテリーでは、世界最小&最軽量!(※2019年8月時点)

カラー:ブラック・ホワイト・ブルー・レッドの4色

ブラックAnker PowerCore 10000(ブラック)
ホワイトAnker PowerCore 10000 (ホワイト)
ブルー
Anker PowerCore 10000(ブルー)
レッド
Anker PowerCore 10000 (レッド)

肝心の充電スピードを実測

買ってみなければわからない、気になる充電スピードを画像付きで実測して行きます!

使用したスマホは『iPhone6s』
充電ケーブルは『100均の充電専用Lightningケーブル』
充電状況は『電源はONのまま、操作はしない』
モバイルバッテリーは『インジケーター4つ点灯、フル充電済』

以上の条件にて、実測していきます!

キリト
キリト

買ったは良いけど、充電遅かったらストレスだもんね。

15%から充電開始

充電画像 充電開始

さて、いよいよ充電スタートです!
キリ良く20分のスクショではないですが・・・

わかりやすくする為20分スタートとします!

キリト
キリト

そういうとこやぞ!自戒・・・

10分経過

充電画像 10分経過

10分で15%充電されました!

これはなかなか良い滑り出しでしょうか!?

大体1時間でフル充電できるイメージですね!

20分経過

充電画像 20分経過

プラス12%!

先程より3%遅れを取っておりますが、
まずまずと言ったところ。

なんだか実況中継みたいになってきた・・・

30分経過

充電画像 30分経過

プラス9%・・・!

少し苦しくなって来たか!?

最初のスタートダッシュの疲れが効いて来たのでしょうか!?

キリト
キリト

疲れるの?え?疲れってあるの?

40分経過

充電画像 40分経過

プラス10%ッッッ!

なんとか持ちこたえました!
2桁台へ回復です!

キリト
キリト

持ちこたえるって何!?

60分経過 ※50分経過を撮り忘れました

充電画像 1時間経過

プラス17%!!!

しかし、筆者のトラブルにより、
20分経過となっている為、半分に割り、8.5%づつのプラスとします!

キリト
キリト

何してんのよー!しかも1分ズレてるしー!

そして、感動のフル充電へ

充電画像 フル充電

フル充電完了ー!!!

やりました!遂にやりました!

もはやこの記事のキャラが定まっておりませんが、
1時間20分の充電の末、フル充電となりました!

そしてインジケーターは4つ点灯のまま!
タフなヤツです!

おめでとう!PowerCore10000!
ありがとう!PowerCore10000ッ!

キリト
キリト

もはやここまで読んでくれたあなた、優しい人。

IQOSも充電できる!

IQOSをモバイルバッテリーで充電
ちなみに『Anker PowerCore 10000』は最大2.4Aの出力が可能なので、画像のようにIQOSを充電することも可能です!

バッテリー切れでイライラする事とも、これでおさらば!

快適なIQOSライフの強い味方です!

Anker PowerCore 10000レビューまとめ

・持ち運びはカードサイズ、缶コーヒー1本分くらい

・スマホの電池残量15%からのフル充電は約1時間20分(iPhone6sの場合)

・15%からのフル充電をしても、インジケーターは4つ点灯のまま

・容量が大きい為、モバイルバッテリー自体のフル充電はそこそこ時間が掛かる

・IQOSの充電もできる

今回、実測してみて感じたところは、
充電開始直後にグッと伸びて、そこから緩やかに充電されていく様子が感じられました。

金額もそこまで高く無く、1泊2泊ほどの旅行ならば、
IQOSやデジカメを充電しても十分足りる大容量!

キリト
キリト

防災グッツとしても、1台持っておくと安心。

初めてのモバイルバッテリーにお悩みのあなたも、
今のモバイルバッテリー容量にご不満のあなたも、

Anker PowerCore10000はコスパ抜群でオススメのモバイルバッテリーです!

アマゾン売れ筋ランキング1位は伊達じゃない!
以上、キリト(@kirito_y1)でした!

コメントを残す